手作りキットのアウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 お買い物案内 Q_A集 お客さまの声 お問い合せ 会社概要

お知らせ
新着・お知らせ
おすすめグッズ情報
人気商品ランキング
フェイスブックページ
マーベルブログ

 

アウベルクラフト20周年記念

柴田bros.よりみなさんへ
創業当時を振り返って思うこと
柴田bros.

マーベルこんにちは、マーベルです。
今のこと、そしてこれからのことにどうしても気持ちが向いているので、あまり過去のことを想うことがないのですが、あらためて20周年ということで創業当時のことを思い浮かべながら、どんな歩みをしてきたのか、お話しさせていただきますね。

アウベルクラフトを始める前の柴田bros.

僕マーベルは大学卒業後、名古屋の電機会社に入社。購買部門から生産管理、そして電算室でシステム設計の仕事へといろんな経験をしました。この間品質管理のデミング賞受賞も経験しました。入社して10年、仕事がようやく楽しくなってきたころです。可愛い子どもも二人いて、家庭も仕事も将来がとても楽しみでした。

一方、兄クラフトは大手の建設会社やトヨタ関連の試作品会社で技術や営業を学び、父親の繊維工業に跡継ぎとして転職しました。もともと兄は将来跡継ぎに付くことが決まっていました。ぼくはもちろん自分の道を進むと決めていました。お互いがそれぞれの道に邁進していた30代です。

兄が入社した頃の繊維業界はとても好景気で、作れば作るだけ売れる時代でした。ところが、ある年を境に下降線をたどり始め、数年後には想像を超えるほどの構造不況に苦しんでいました。岡崎でも一流と言われていた会社でしたが、海外から入ってくる安い繊維にはとても対抗しきれなくなってきたのです。

ある日のこと、兄に名古屋の居酒屋に誘われました。そこでこれから会社は新しい方向に進まざるを得なくなってしまった。それには右腕としてどうしてもおまえが必要だと言われたのです。突然のことでとても迷いました。収入が下がり生活は厳しくなるだろうし、家族にも負担がかかるのは明白だったからです。

でも兄を助けたい、自分の可能性を試してみたい! そう思って決意しました。でもこの時はこれから来るだろう大変な状況を知るよしもありませんでした。

苦しい5年を経てついに…

紡績時代の柴田brosコンピュータのシステム設計という仕事から一転、紡績の力仕事の現場にガラリと生活が変わり、毎日汗と油にまみれ、身体はボロボロ。きつかったです。しかも年収150万のダウン。心身共に辛いことばかりの連続で家庭崩壊の危機までも現実に……。

業績はどんどん落ちていくのですが、退廃的な古い体質の会社で、幹部はだれも今を変えようとしないのです。かと言って新事業を起こせる程の体力はもうなくなっていました。さすがに僕は後悔し始めました。本当にここに明るい将来ってあるのだろうか? 自分は何のためにここに来たのか? 僕はこの先どうなるのだろう……。

かと言って自分が決めてここに来たからには、簡単に音を上げるわけにはいきません。後戻りもできません。頑張ればいつかはきっと良いことがあるのだ。絶対に諦めずに頑張ろう。そう信じて耐えに耐えたとても長くて辛い5年間でした。

そしてついにその時が来た

1989年、今から23年前、ついに新しい道ができました。ここからが全ての始まりなのです。兄の知り合いを通じて新しい仕事を始めることになったのです。工場の商品倉庫の2階の片隅を改造し、借り物の工業ミシンを2台設置して、トラックの幌を縫製する仕事を始めたのです。これなら大した投資はいりません。

縫製工場とにかく「何でもいい、兄弟の力で何か新しいことを始めたい」という熱烈な想いがやっと叶ったのです。それが何であるかは問題ではなく、何かをしないではいられないという気持ちでしたから、がむしゃらに働きました。

その後、テントシートや縫製の仕事も増え、設備や人も増えていきました。でも仕事は全て請け負いの仕事ですから、正直言ってあまり面白くなかったのです。自分たちで新しいものを作り出したい! いつもそう思っていました。

オートキャンプの幕開け

そんな頃、僕たち兄弟は当時少しずつ流行り始めていたオートキャンプに夢中になっていきました。もともと僕は小学校からずっとボーイスカウトをやっていて、キャンプが大好きでしたから本当に楽しかったのです。

ところがオートキャンプもブームになっていくと、予約を取るのさえ難しいほどになり、まるでテントサイトは長屋のように隣と隣が隣接していて、プライバシーがなくて落ち着けなくなっていました。加えて僕は正真正銘の雨男なので毎回雨が降って散々な目に会いました。

そうだ、ある日閃きました!「自分の理想のカーサイドタープを作ろう!」と思ったのです。すぐに『鷲が羽根を下に向け広げて雛を守っている形(見たことないけど勝手にイメージしました)』が頭に浮かびました。タープを作る生地も道具も技術も僕たちには元々あったので、作るのはそれほど大変ではないと思いました。

カーサイドタープイーグル兄にその想いを伝えると試作品を作ってくれました。さっそくそれを持ってキャンプ場へ行きました。案の定大雨に見舞われましたが、ワンボックスカーの横に雨漏りがなく、雨風が吹き込まない、そしてプライバシーも守れ、車内をリビングとして使え、とても快適に過ごすことができる空間ができたのです。まさに画期的と言えるカーサイドタープ「イーグル」が生まれた瞬間です。

アウベルクラフトが誕生

それからというもの、商品化のために兄弟が夢中になっていろんな仕事をこなしました。会社の役員を説得したり、タープ用の生地を開発したり、作りやすさの為に改良を加えたり、実用新案の申請をしたりと本当に忙しかったのです。

アウベルクラフトのロゴでも楽しかった。本当に楽しかった。自分が作ったものを世の中に出せる。今まで実現したかったことがついに始まるのです。そしてこの年「アウベルクラフト」というブランドが生まれました。1992年秋、今から20年前のことです。

翌年1993年、アウベルクラフト2年目の春、ついに新発売の日を迎えました。ビーパルというアウトドア誌に「新商品発売記念キャンペーン」としてイーグルとサバンナのプレゼント企画を広告掲載しました。すると毎日山のようなハガキが届きました。実に3,000通ものハガキが山積みに……。

興奮しました。これは凄いことだ!これで売れるはずだと! ところがしばらくすると厳しい現実に直面するのです。それはただの「勘違い」なだけだったのです。反響の大きさだけでみんなが買ってくれるものだと思いこんでしまったのです。

これが教訓の第一歩

日を追うごとに分かってきました。僕たちは良いものは向こうから販売したい、と申し出てくれるものだと勘違いしてしまったのです。当時は好景気でしたし、オートキャンプブームでしたからね。でも世の中はそんなに甘くはないのです。今から思うと笑ってしまうような話ですが、その後は全く業者からの反応はありませんでした。当然のごとく……。

僕たちは物作りはできるけど、どこへ行って何をすれば商品を買ってもらえるようになるのか、販売のことは全く知らなかったのです。その後広告会社の紹介でアウトドアショップを対象にした問屋さんが2社付いてくれました。おし、これで大丈夫と思ったのです。ところが反応は全くありませんでした。

ならば、これは自分たちで直接ショップに行って現物を見せてこの画期的なタープを知ってもらうしかない。そう思って全国のアウトドアショップを回りました。関東、中部、関西、中国と…。ところが聞くところによると問屋からのそんな情報は全く無かったというのです。これが現実だとわかりました。売れるわけないですよね。

結局の所、一年が経過して販売をお願いしたルートより、むしろ自分たちが直接売った数の方が多かったのです。そんなもんです。厳しいけれどそれが現実、これがアウベルクラフトの苦いスタートだったのです。

でも僕たちにとって結果的には良かったのです。この苦い経験を薬に、翌年より直販の道を進んでいくことになるわけですね。問屋さんを通すとかなりのマージンを取られてしまいます。在庫もたくさん持たなくてはなりません。それに問屋さんは僕たちの商品には全く興味がないし、努力もしてくれないことがわかったのです。それなら僕たち自身で直接販売する道を選べばいいではないか。そう思ったのです。

そんなこんなで、何とも危なっかしいアウベルクラフトの始まりでしたが、この先もいろんな劇的なドラマがいっぱいありましたよ。これはまた機会があればお話しすることにしましょう。

アウトドアグッズから手作りキットへ

その後は、タープや、トートバッグなどのアウトドアグッズを中心に展開したのですが、それとは別なものが生まれました。スモークキット。これは初心者向けの燻製作りのキットです。その頃キャンプというと、バーベキューが定番でしたが、それだけじゃなくこんな燻製作りも楽しんでみたらどうですか!? と提案したのです。

すると、アウトドアイベントなどで、びっくりするほど売れたのです。そうか、アウトドアを楽しむ人達は、こういう手作りにも興味があるんだなとわかったのです。

それからというものは、ぼくたちはアウトドアグッズより、手作りキットを作っている方が楽しかったので、いろんなキットを作り始めました。すると、どのキットも面白いと言って新聞、雑誌、テレビでたくさん紹介してくれるようになったのです。

その効果もあって、いろんな会社からオファーがありました。一旦は直販のみでやってきたのですが、有名な通販サイト、テレビ局、ネット通販、コンビニ会社、デパート、問屋さんなどからの売上が年々増えていったのです。売上はどんどん上がりました。

でも、喜ぶ気持ちと反して、何故か違和感も感じていました。
本当にこのままでいいのか?と。

その一方では、インターネットの普及でネットの売上も、少しずつでしたが増えていきました。そしてある年、決心をしたのです。

もう一度直販のみの会社にしよう!

たとえ売上が大きく下がるとしても、ぼくたちがやりたい方向に進んで行こうと。もしダメだったとしても、いさぎよく受け入れようと……。

当然ですが、しばらくの間はとても大変でしたが、希望を持ち続けていました。いつか必ず、直販だけでやっていけるようになると。

そして、その後時間はかかりましたが、ついに実現することができたのす。


なぜやってこれたかというと


直営ショップこうして僕たちアウベルクラフトが20年という長きに渡ってやってこれた。これは奇跡的な気がします。それくらい紆余曲折、棘の獣道を僕たちは歩んできました。何度も崖からずり落ちそうになっても必死になってよじ登れてこれました。

今思うと、これは僕たちの力ではなかったと思います。たぶん「天の力」のようなものが僕たちに特別な力をくれて、できないと思っていたことができてしまったのです。とても不思議なことがいっぱい起こったのです。これは明らかに僕たちの能力じゃなく、別のところからきた力だと思っています。

ならば今度は僕たちが20周年という節目を迎えて、「天の力」にお返しをしなくてはと思います。でも天にはお返しはできないので、世の中にお返しをしなくてはいけないと思うようになりました。

20周年記念のいろんな感謝の企画や新サイトのスタートは、そんな僕たちの感謝の気持ちを心を込めてお贈りしていきます。もちろん一年で終わりではなく、これからずっと世の中にお返しをしていく活動を続けていきたいと思っています。

今の気持ち

僕たち柴田bros.はこれまでずっとギリギリの中でやってきました。いや、今でもそうです。でも正直言って本当のことはわかりませんが、あえてギリギリの生き方の方が楽しいというか、面白いという感じがしています。

いわゆる教科書的な常識論や正攻法ではなく、自分たちのオリジナルで純粋に素直にやっていくことが、精一杯生きている「手ごたえ」を感じられるような気がしています。こっちに行った方がいいよと偉い人が言うなら、あえて違う道に進んで行きたいんですね。

でもそれができる全ての元は、僕たちが作った商品や、僕たちが提案していることを、みなさんが購入していただいているからです。本当にみなさん、ありがとうございました。そしてこれからも末永くご愛顧いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

柴田bros.
2012年2月8日
アウベルクラフト株式会社
柴田正則(クラフト)
柴田隆二(マーベル)
柴田bros

20周年を振り返っての詳細ページもぜひご覧下さい。

ページの先頭に戻る

手作りキットのアウベルクラフト>> 20周年記念 >>柴田bros.よりみなさんへ
キーワードを入力してください
---安心のサポート------
マーベルへのご質問お問い合せ
---お得情報------------
送料無料
ポイントサービス
---おすすめ情報--------
店長のおすすめグッズ
アウベルラボ
アウベルクラフトのフェイスブックページ
---オリジナルグッズ----
和のある暮らし
パンを焼こう
燻製作り
ワインとビールを作ろう
コーヒー焙煎
チーズを作ろう
日本の味を作ろう
麺を打とう
豆腐を作ろう
クラフト作り
ハンドメイドグッズ
ブックバンド
Tシャツ
マウスパッド
---価格帯別一覧--------
2,999円 以下
3,000円〜5,999円
6,000円〜9,999円
10,000円〜19,999円
20,000円〜49,999円
50,000円 以上
---スタッフコーナー----
アウベルクラフトのスタッフ
僕らの熱き想い!
石窯パン作り奮闘記
商品開発秘話
リンク集
お薦め本
カタログ(PDF)
---関連本を探そう------




 


お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法

送料送料についての詳細
送料は商品代金が本州 四国は6,480円以上、北海道 九州 沖縄 離島は10,800円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい。また郵便発送が可能な商品は送料が安くなります。
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。


ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン
団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ
TOP
会社概要
特定商取引に基づく表記
みなさんの声
Q & A
お問い合わせ

アウベルクラフト株式会社

〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
アウベルクラフトのロゴマーク

お問い合せ受付
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム

ご来社の場合はお電話の上お越しください。
地図
© 1992 Auvelcraft Inc.