アウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 初めての方へ Q_A集 お客さまの声 お問い合せ
 ホーム > 僕たちの熱き想い



僕らの熱き想い

どのようにして商品が生まれるのか(2002.6)

良質な遊び心
アウベルクラフトは「良質な遊び心」というベーシックな考え方のもとに商品を作っていますが、もう少し具体的なお話をさせていただきます。

僕たちのやっていることははっきりとしていますが、残念ながらはっきりとした分類は世の中にはありません。たとえばヤフーでのカテゴリーにはとりあえず「ビジネスと経済 > ショッピングとサービス > アウトドア > キャンプ > 道具、装備(企業の場合こういうカテゴリーに制限されます。)」というカテゴリーにいれてもらっていますが、正直言って埋もれてしまっているような気がします。

大きな意味ではアウトドアに入るのですが、そうでもないような気もしています。「手作り」というカテゴリーは存在しなませんし、キーワードで「手作り」と入れると多くはハンドメイドの手芸であったり、木工などのDIYであったり、料理であったりします。「僕たちの言っている手作り」はそういうカテゴリーには属さない手作りという『ライフスタイル』なわけです。

僕たちが考えている「手作り」は良い作品作りであったり、よりおいしい物を作る手段のことを意味しません。求めているのは「良質な遊び心」です。つまり作っていく過程そのものが何より大切だと思っています。もちろん結果も大切ですが、作っている過程をいかに楽しめるか、これにかかっていると思っています。

それは求めている物が高いからこそ言えることではないでしょうか。本当に良い物を作るためには「なぜそうなるのか」「どうしたらより良いものができるか」がなければだめです。つまりマインドウェアのようなものです。多くのキットメーカーはその重要な部分はなく、ただ単に作り方だけを説明しています。これでは奥行きがなくてつまらないと思います。

価格の決め方
当然ながら僕たちが作っているものは、みなさんに使ってもらいたいと思って作っていますので、価格はとても重要な意味があります。自己満足では買ってもらえません。「もし自分がお客だったらいくらまでなら出せるか」これが基本になっています。部品代を集めて原価がいくらで利益がこれくらいだから価格はこの値段でなどという決め方はしていません。

ですから目標のコストがおおよそ決まっているところから商品化が始まりますからとても大変なことではあります。良質な物作りをしようと思うとコストは高くなる、かと言って妥協はしたくない。このギリギリのバランスをとりながらひとつひとつのパーツまで決めていくのです。

中には「値段が高い」という人もいます。もっと安くして欲しいと。これは買う立場からすると当然だと思います。ところが実を言うと安くすれば売れると言う法則はないのです。僕たちも実際に自分たちの利益を殆ど削って値段を下げて販売した商品もあります。ところが値段を下げても結局売れた数は前と変わらないのです。一度値段を下げた商品は二度と値段を元に戻すことはできません。一体何のための値下げだったのか分からないですね。

何を作るのか
商品アイテムを眺めると、タープを作ったり、トートバッグを作ったり、そば打ちのキットを作ったり、囲炉裏のキットを作ったりと一見何の脈絡もなく商品を作っている会社……のように見えるかもしれません。次に何を作るかは多分想像もつかないのではと思います。

実は僕たちにも分からないのです。商品作りは殆どが「閃き」から始まります。と言っても偶然に生まれるということではなく必然的に生まれてくると言うのは確かだと思います。 僕たちはあなたもそうですが、顕在意識と潜在意識の両方とを持っています。潜在意識くんはとても優秀で、疲れ知らずです。僕らが起きている間も寝ている間も彼はいつも考えています。

僕たちアウベルクラフトの商品作りは日ごろいろんな人に出会い、いろんな物を見て、いろんなことを感じることでその情報を常に情報を顕在意識くんに送っています。その間にじっくりと時間をかけて熟成させ形を少しづつ作っているのです。そしてある日突然「閃く」のです。これを作ろう!と……。 ですからその時点では大体の姿や仕様、使っていシーンも見えています。

アウベル式の物作り
ただしここからが始まりです。殆どの商品がそうですが。僕たちは一から情報集めを行い、実際に自分の手で作ります。当然今までにない物が多いので失敗の連続です。もう何十回も失敗します。むしろ失敗すればするほど燃えると言った方が良いかもしれませんね。ところがです。僕たち兄弟は片方が商品化を行う場合、片方はまったく気にもとめません。殆ど任せっきりかもしれません。いくら苦労をしようが手助けなどしません。失敗することでノウハウが蓄積されるからです。

そして重要なのはもう一人は「何も知らない方が良い」のです。 これには訳があります。商品化する場合、ノウハウの蓄積と同時に説明書作りがとても重要です。もちろん説明書も開発担当が自分で手作りします。例えば兄が「絹越し豆腐キット」を苦労して説明書まで作り上げました。今度は弟の僕がまったくの素人としてその説明書通りに作るのです。大抵の場合それで失敗します。それも何度も失敗します。

これは当然のことですが、何度も絹越し豆腐を作って失敗してやっと成功にこぎつけたことを、説明書でそれを表現することは本当に大変なことなのです。書いてある意味が分からない。書いてあるようにやってもうまくいかない。これを何度も何度も繰り返し手直ししていく作業がとても大切なのです。つまりこれが「ノウハウ」なわけです。

こうやって「閃き」で始まった商品作りは、多くの失敗を繰り返し、やっと「説明書」という物に表現して初めて完成となります。しかも更新を繰り返しますので印刷はせずに全てコピーです。早いものは大体1ヶ月で長い物は半年以上かけて商品が出来上がっていきます。たった二人のスタッフでこれをこなしていくのは大変ではありますが、本当にやりがいがある仕事だと思っています。

それでも使っていただいたみなさんから感想で「本当においしいです」とか「家族で楽しんでいます」とか「もっといろんな手作りにチャレンジしたいです」とかをお聞きすると、心から良かったなーって思います。僕たちが初めてマックに出会って以降いろんな意味でアウベルクラフトが変わって行ったように、僕たちの商品を使うことが「きっかけ」で新しい暮らしが始まるわけですから、こんなに嬉しいことはありません。

僕たちの熱き想いバックナンバー
2000年から書き始めていますが、これらは今でも変わることがありませんので、今の僕たちの想いとして読んでいただけたら幸いです。

■マックとの出会いで芽生えた「遊び心」 (2000年4月)
■「手作り」と「アウトドア」の関係(2000年10月)
■本物を知ろうではありませんか(2001年3月)
■商品作りのコンセプト(2001年9月)

■どのようにして商品が生まれるのか(2002年6月)
■「売る」ための苦労話(2002年11月)
■夢と希望を求めて…(2003年5月)
■創造力のある物作り(2003年7月)
■アウベルな暮らし(2003年10月)
■アウベルクラフトの志(2004年4月)
■手作りを楽しむと人生が楽しくなる(2010年4月)
■アウトドア好きは手作り好き(2010年11月)
■2013年アウベルクラフトがやろうと思ってること(2012年12月)
■文化の時代へ(2014年1月)



お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法
送料送料についての詳細
送料は商品代金が本州 四国は6,480円以上、北海道 九州 沖縄 離島は10,800円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい。
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。

ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン

団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ

フェイスブックページ
インスタグラム
マーベルブログ
 アウベルクラフト株式会社
 〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
 アウベルクラフトのロゴマーク
お電話での受付:月〜金 10:00〜17:00
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム
※当社は店舗ではありませんが、直接お越しのお客さまへの販売もおこなっています。ただし、不在の場合や商品在庫がない場合もありますので、必ず事前にお電話の上ご来社ください。
地図
アウベルクラフトは手作りキットを通じて、みなさんに心あたたまる豊かなライフスタイルをお届けします。
© 1992 Auvelcraft Inc.