アウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 初めての方へ Q_A集 お客さまの声 お問い合せ
 ホーム > 商品開発秘話


商品開発秘話

【アウベルクラフトの第一号キット・ スモークキット

スモークキット

燻製作りってこんなにたいへん!?


スモークキットこの段ボール製のスモークキットは20年(1994年)ほど前に、日本で初めてキットとして販売された段ボール製スモーカーです。当時僕たち兄弟は燻製作りに懲り始めていました。

段ボールで燻製ができるということは本で知っていました。スーパーに行って段ボールをもらい(意外に手頃なのがない)、木の棒やSフックの代わりにゼムクリップをホームセンターで買い、スモークチップを釣り道具屋で手にいれました。そうそうとか言って豆炭もまたホームセンターへ。

なんだかんだと汗だくで材料をそろえ、カッターナイフやらガムテープで完成させたスモーカー。半日がかりでした。初めての燻製は「いか燻」と「ビーフジャーキー」に挑戦!その材料を買いにまたスーパーへ出かけました。(スパイスもいるよなー)

安上がりにできると思った段ボールスモーカー。実はほんの少ししか使わない材料も余分に買うことになり、えらく高いものについてしまったのです。味は満足いくものだったので良かったのですが、こんなに大変ならきっとみんな面倒でやらないだろうなーと思ったのです。


スモークキットの誕生

次の日に兄にこの話をしたら、実は兄も同じように苦労をして燻製作りをしていたことを知りました。

「おまえもか!?」

その後話は盛り上がり

「じゃあキットにして全て揃っていたらみんな喜ぶよな」

そのアイデアがどちらともなくどんどん出てきました。そして兄はたったの5分で今の形の原型を頭に浮かべたのです。そして生まれたのが「スモークキット」(当時の価格¥1,800)。まさにアウベルクラフトが手作りキットを始めるきっかけになった商品でした。

売れた!!

このキットはアウトドア雑誌「ビーパル」で発表と同時に飛ぶように売れました。名古屋のアウトドアイベントでも飛ぶように売れたのです。売れて売れて持ってきた分がすぐに売り切れ、急遽追加で運んだくらい売れました。これほど燻製をやりたい人がいたとは驚きです……。

しかし実はこのキット、一カ所だけ設計ミスがあったのです。段ボールの厚み分、底の部分にある、組立用のスリットの位置が間違って外側にずれたのです。これが分かったのが、すでに金型ができあがった後でした。

ところがこれが実に旨い具合に機能しているのです。少しだけ、足が外に広がっているので、安定感が増しています。結局ここはそのままにする事にしたのです。

くやしい想い…

話はこれだけではありません。ある愛知県のアウトドアメーカーがその翌年殆ど同じような形の段ボール製スモーカーを発売しました(つまりコピー商品ってこと)。それは私たちも出展していたあるアウトドアのイベントで販売されてたのです。

その実物を手に入れてみると、まさに「その部分」も同じように「ずれている」ではありませんか(兄の顔が怒りでひきつる……)。これは後でわかりましたが、その会社のある営業マンが「コピーした」と言っていたのをちゃんと聞いた人が何人も……。ホントに許せない話ですよね。

後日特許関係の先生にその話をしたら

「所詮、猿まねは猿まねでしかありません。だからほっときなさい」

と、きっぱり言われて少しだけ気が楽になりました。


これからもずっと

スモークキットそれはさておき、アウベルクラフトのスモーカーの遊び心は、取っ手の部分のくり抜きが、魚の形になっていることです。(よく見ると分かってもらえると思いますが、意外と気が付かない人もいるんですよ。)

その後も遊び心はとどまることはなく、少しづつ改良や新しいバージョンを出していきました。段ボールで冷燻まで作るキットはもちろんアウベルクラフトのみです。(これはビーパル誌でも話題になりました。)

さて、このロングセラーのスモークキットですが、本当のたくさんの方たちに使っていただいています。おそらくゆうに1万セット以上は使っていただいているでしょう。

もう何年も使っているよという方、毎週のようにハム作りをして、親戚中ができるのを待っていますという方、このキットで作ったスモークチーズをチーズ嫌いな子どもが食べてくれたのでと言って喜んでくれた方、本当に多くの方に喜んでいただき嬉しく思います。

これからも多くの人にこのキットで燻製作りを楽しんでもらいたいと心から祈っています。そしてあなたがこのキットを手に入れたら、「例の部分」、ぜひご覧下さいね!

なぜサクラなのかわからない

あ、最後にひとつだけ言い忘れていたことがあります。
いろんな文献やサイトを見ると燻製と言えばまず「サクラ」のチップを使うというのが通説になっているようです。

でも本当にそうでしょうか?
僕たちもキットを作った始めのころはスモークウッドのサクラを付けていました。でもいろんなイベントでスモークウッドの使い分けをしたり、僕たち自身もいろいろな素材とウッドの組み合わせを試したのですが、サクラは日本人に合わないと思いました。強すぎるのです。

日本人にはもっと優しい「クルミ」が一番よいと思いました。その後はずっとクルミを使っています。最終的には個人の好みなのですが、初めて燻製作りをする人のことを考えるとやっぱりクルミだと僕たちは思っています。これも僕たちのちょっとしたこだわりです。

二世誕生!

SDスモーカー1992その後、アウベルクラフトが20周年を迎えた2012年、20周年記念商品としてこのスモークキットを思いっきり小っちゃくして作った世界一可愛いスモーカー「SDスモーカー1992」が誕生しました。

遊びココロたっぷりのこのスモーカーは多くのマスコミで紹介され、今ではアウベルクラフトの人気商品になっています。

スモークキットはこちらのページでどうぞ

他のお話
・囲炉裏キットができるまでの裏話
・カーサイドタープ・イーグル
・コーヒー焙煎キットの形はなぜ四角?
・我が子にピンボールゲームを
・日本人が大好きな露天風呂キット
・感動のモッツァレラチーズキット作り

 


お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法
送料送料についての詳細
送料は商品代金が北海道は16,200円以上、東北、関東、信越、北陸、中部、関西、中国、四国、九州は10,800円以上、沖縄は16,200円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい。
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。

ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン

団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ

フェイスブックページ
インスタグラム
マーベルブログ
 アウベルクラフト株式会社
 〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
 アウベルクラフトのロゴマーク
お電話での受付:月〜金 10:00〜17:00
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム
※当社は店舗ではありませんが、直接お越しのお客さまへの販売もおこなっています。ただし、不在の場合や商品在庫がない場合もありますので、必ず事前にお電話の上ご来社ください。
地図
アウベルクラフトは手作りキットを通じて、みなさんに心あたたまる豊かなライフスタイルをお届けします。
© 1992 Auvelcraft Inc.