アウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 初めての方へ Q_A集 お客さまの声 お問い合せ
 ホーム > 手作りワインキット



手作りワイン用品の販売

仕上げのラインラベル コルクで打栓 発酵


フェイスブックにシェアする
ツィートする感想を送る


ワイン用濃縮果汁についてのお知らせ
ワイン用濃縮果汁ですが、カリフォルニア・コンセントレート(アレキサンダー)社での製造及び販売が終了となりました。このため、アウベルクラフトではこれを含むキットもあわせて販売を終了とさせていただきました。私たちも大変残念に思いますが、どうぞご了承いただきますようお願いいたします。 ただし、今後も引き続きワイン用品の販売は継続いたします。



ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。 マニアルには1%未満になる作り方が記載されていますので守ってください。

アウベルクラフトのワインキットは濃縮果汁や果汁から作るワイン作りです。葡萄から作るワイン作りのノウハウは持っていませんので、申しわけございませんがこれらについてのお問い合せについては対応しかねます。どうぞご了承ください。

お電話やFAXでのご注文についてのお願い!
「電話のほうが楽だから」ということで電話注文をされていたお客さまへ
私たちはとても困っています。というのは電話やFAXでのご注文が大変多くなり、私たち柴田bros.の負担がとても大きくなっています。しかも間違いが起きやすくなっています。

このため、お客様には極力インターネットからご注文いただきますようお願いしています。パソコンが苦手という方もみえますが、やってみれば、それほど難しいことはありませんし、そういうスキルも身につけていただきたいと思います。それに会員登録をすると次回からは住所等の入力は不要ですので、とても簡単です。購入ポイントも付きますよ。

もちろん、パソコンやスマホを持っていないお年寄りなどもみえますので、その場合はお電話でのご注文もお受けしています。みなさんのご協力を、ぜひともどうぞよろしくお願いいたします。



ワイン用イースト

ワインイーストは10月1日以降も消費税8%にて販売させていただきます。


ワイン用イースト

ヤングワインイースト
バイオファーム

ヤングワインイースト

ブラン


ヤング ワインイースト(5g)赤ワイン用ワインイースト
バイオファーム ブラン(7g)白ワイン用ワインイースト

1袋で20リットルの果汁を発酵させることができます。ただし、1〜2リットル程度の少量の場合は1g程度使用することをお薦めします。

赤ワイン用と白ワイン用の違いについて

一番大きな違いは白ワイン用は低温発酵が可能な点です。15度以下の低温でも発酵に適してのでとてもフルーティーな白ワインができます。この白ワイン用イーストは赤ワインの発酵にも使えます。

ご注意 日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。 必ず1%未満になるように糖度を2%以下にして作ってください。

【送料について】
クロネコ宅急便のみとなりました。
以前は郵便での対応をさせていただいていたことがありましたが、現在は事情により宅急便のみとなっています。どうぞご了承ください。
送料についての詳細



   ヤング ワインイースト (赤ワイン用)
ヤングワインイースト
324円
(税込)
10月1日以降も消費税8%にて
販売させていただきます。

賞味期限:
 2020年10月26日


数量が11個以上の場合はレジに入ってから数量を変更してください。






バイオファーム ブラン (白ワイン用)
ブラン
356円
(税込)
10月1日以降も消費税8%にて
販売させていただきます。

 賞味期限:
 2019年12月1日


数量が11個以上の場合はレジに入ってから数量を変更してください。



 




ワインを作るためのいろいろな道具をご用意しています。

ワイン用ビン(コルクタイプ):非耐圧ビン
(コルクを打栓して使います。)
※別途コルクとコルク打栓器が必要です。

ボトル

ワインボトルコルク栓タイプ


720mlビン・コルクタイプ(6本セット)
720mlグリーン

1,980円(税込)
送料について

在庫切中のため、納期が1週間ほどかかります。




360mlビン・コルクタイプ(6本セット)
360mlグリーン

1,320円
(税込)
送料について






720mlビン・コルクタイプ(6本セット)
720mlクリアー

1,980円(税込)
送料について






360mlビン・コルクタイプ(6本セット)
360mlクリアー

1,320円
(税込)
送料について





アルミキャップタイプ
以前販売していた、アルミキャップタイプビンのキャップです。

 


ワインボトルアルミキャップタイプ


アルミキャップ(12個入)
アルミキャップ


395円(税込)
送料について
安全のため再利用せず、毎回新しいものをご使用ください。









洗ビンブラシ

洗ビンブラシ
長い柄が付いたブラシです。

洗ビンブラシ

770円(税込)
送料について







発酵用1ガロンボトル(ガラス製)

ガロンボトル
写真左:1ガロンボトル
写真右:ハーフガロンボトル

発酵用1ガロンボトル

容量:約3.8リットル
口径(内径):直径28mm
高さ:29.5cm
胴回り:52.2cm
直径:16.5cm
非耐熱ガラスですので、急激な温度変化は与えないようにしてください。

3,015円(税込)
送料について

※ お一人様3本までとさせていただきます。







発酵用ハーフガロンボトル

容量:約1.9リットル
口径(内径):直径28mm
高さ:26.5cm
胴回り:39.2cm
直径:12.5cm

非耐熱ガラスですので、急激な温度変化は与えないようにしてください。

2,353円(税込)
送料について

※ お一人様3本までとさせていただきます。






ラッキング用サイフォン

発酵ビンからラッキング(オリびき)をしたり、ワインボトルに詰める時に使います。1ガロン用は1ガロンビン専用です。これには吸い出しやすい機能が付いています。

サイフォン
1ガロン用サイフォンを
1ガロンビンに取り付けた
状態です。

ご注意
このサイフォンはアウベルクラフト1ガロンビン専用ですので他の容器では使用できません。ハーフガロンも使用できません。

サイフォン・1ガロン用
※ビンは付いていません。サイフォン部分のみです。

2,530円(税込)
送料について








ラッキングサイフォンの使い方

このサイフォンは澱が入らないように、上澄みをワインビンに入れるために使用します。また、1ガロンビン専用の器具ですので、他の容器には使用できません。


発酵用角形12リットルタンク(温度計付)ポリエチレン製

12リットルタンク
コック部分のノズル付き
サイズ:W:290 D:190 H:350

ワイン作り用発酵用角形12リットルタンク
※別途「発酵栓」が必要です。

3,300円(税込)
送料について







発酵用角形22リットルタンク (温度計付)ポリエチレン製  

20リットル角形タンク
コック部分のノズル付き
サイズ:W:385 D:210 H:410

 

発酵用角形22リットルタンク
※別途「発酵栓」が必要です。

3,824円(税込)
送料について






発酵栓(エアーロック発酵栓)


発酵栓はこのようにして使います。

ワイン作りの発酵時には欠かせない発酵栓(エアーロック)です。発酵により出る炭酸ガスを逃がし、空気中の雑菌や空気が入らないように、水の層で外気を遮断します。S状になっていて発酵タンクから炭酸ガスが発生すると、水の層を押していきガスが抜けます。ガスが抜けると、水はまた元の位置に戻ります。使用する発酵容器にあわせて3種類の中からお選びください。

発酵栓(エアーロック)

発酵栓(エアーロック)
発酵タンクに取り付けた状態

 

S型発酵栓(発酵タンク用) 

770円(税込)
送料について







ガロンビンや一升瓶の場合は、下の取付用栓の付いたタイプをご使用ください。

発酵栓(ガロンボトル用)
ガロンボトルに取り付けた状態
栓の直径:上33mm 下27mm

S型発酵栓(ガロンボトル用)
ガロンボトル専用です。発酵栓と取付用ゴム栓が一体になっています。

1,100円(税込)
送料について







発酵栓(一升瓶用)
取り付けた状態
栓の直径:上24mm 下19mm

S型発酵栓(一升瓶用)
一升瓶に使用できます。 発酵栓と取付用ゴム栓が一体になっています。

1,100円(税込)
送料について








発酵栓用コルク

S型発酵栓用ゴム栓(ガロンボトル用)
発酵栓用の取付用ゴム栓です。発酵栓のゴム栓は長く使っているとへこみなど変形してきてガス漏れが起きることがあります。その場合はこのゴム栓部分のみを交換してください。

330円(税込)
送料について








発酵栓用ゴム栓

S型発酵栓用ゴム栓(一升瓶用)
発酵栓用の取付用ゴム栓です。発酵栓のゴム栓は長く使っているとへこみなど変形してきてガス漏れが起きることがあります。その場合はこのゴム栓部分のみを交換してください。

330円(税込)
送料について






コルク打栓器 ワインボトルにコルク栓を打栓する道具です。



コルク打栓器の使い方

コルク打栓器
コルク打栓器

4,400円(税込)
送料について




コルク栓
ワインボトルにコルク栓を打栓する道具です。T型コルクはコルクにプラスティックのつまみが付いていて、簡単に栓をしたり、抜いたりできます。

コルク
直径24mm 長さ44mm

コルク 1ダース(12個)

794円(税込)
送料について

ご注意
● コルク栓はコルク打栓器を使用しないと打栓できません。(手で押し込んでも入りません)

● このコルク栓は煮沸しないタイプに変わりました。打栓の直前にアルコールスプレーで消毒してご使用ください。





T型コルク T型コルク
T型コルクは手で押し込んで栓をすることができます。(コルク打栓器は不要です)
ただし、横にするとワインが漏れることがありますので、栓をした後のワインボトルを立てて保存してください。
T型コルク 720mlボトル用
1ダース(12個)

直径18-22mm 長さ22mm

1,540円(税込)
送料について





T型コルク 360mlボトル用
1ダース(12個)

直径16-20mm 長さ20mm

1,540円(税込)
送料について




消毒スプレー
消毒スプレー

(成分)
エチルアルコール:65V/V%
精製水:35V/V%

詰め替え用のアルコールは薬局にて同等品をお求めください。

消毒スプレー(300ml入)
水洗いの必要がないアルコールです。

1,100円(税込)
送料について




比重計

比重計

比重計
シリンダーに溶液を入れ、比重計を浮かべて目盛りを読みます。

比重計(シリンダー、説明書付)

比重を計ることで仕上がりのアルコール度数を予測したり、発酵が完了したかどうかを確認でいきます。

3,101円(税込)
送料について




ヒート・シュリンク・フード

このフードを付けるととてもお洒落に変身します。

【使用方法】
まずワインボトルにフードをかぶせます。入りにくい場合は、ビンを水で濡らして滑りやすくしてください。
次にやかんやケトルでお湯を沸騰させ、注ぎ口から出る蒸気にフードを回転させながら当て密着させます。ドライヤーの熱風を使って密着させる方法がありますが、この方法は少し時間がかかりシワができやすいのでコツがいります。どちらの方法もやけどにご注意ください。

ヒートシュリンクフード フード

ご注意
輸入品のため、入荷ごとに色や材質が従来と異なる場合がありますので、ご了承ください。

送料について

ブルー 1ダース入:794円(税込)



ホワイト 1ダース入:794円(税込)



ブラック 1ダース入:794円(税込)



グリーン 1ダース入:794円(税込)



バーガンデイ 1ダース入:794円(税込)



ゴールド 1ダース入:794円(税込)



 



安定化発酵システム 安定して発酵させるために
寒い時期、暑い時期にみなさん苦労して温度を上げたり下げたりされていることと思います。そうだ!こういう方法ならいいかも、閃いたのは水を使う方法です。とても効果的でしたのでぜひやってみてくださいね。
→「安定化発酵システムを作ってみた
ラベルを作ろう
あなたの心を贈りましょう
ワイン作りを作ったらぜひオリジナルラベルまで作ってみんなにプレゼントしよう!
→「オリジナルラベルを作ろう!
超小型ワインキット 超小型ワインキットをつくってみた
こんな超小型のワインキットを作ってワイン作りを楽しんでみました。
→「超小型ワインキットをつくってみた
低温発酵ワイン作り 低温発酵ワイン作り
低温でじっくり発酵させる低温発酵ワインはとってもフルーティ。ぜひあなたも冬のワイン作りを楽しみましょう!
→「マーベルの低温発酵ワイン作り
低温発酵ワイン作り
低温発酵ワイン実験
前からやってみたかったことがあります。それは低温でも発酵しやすい白ワイン用のワインイーストPasteur Champangeを使って「低温発酵ワイン」作りをしてみたいとうことです。興味のあるかたはぜひご覧くださいね。
→「低温発酵ワイン実験


ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。 マニアルには1%未満になる作り方が記載されていますので守ってください。

アウベルクラフトのワインキットは濃縮果汁や果汁から作るワイン作りです。葡萄から作るワイン作りのノウハウは持っていませんので、申しわけございませんがこれらについてのお問い合せについては対応しかねます。どうぞご了承ください。

よくいただく質問

● 何を目安にして発酵が終了した事を知るのでしょうか?
発酵が完了したかどうかを確認するには、一番良いのは比重計を用いて計測するのが確実ですが、それを使わなくても目と舌で充分わかります。(続きはこちら

● 瓶詰めしたワインですが保存状況も関係しますがどの程度保存出来るのでしょうか?
あまり長期はお薦めできませんが、半年から1年は問題ないと思います。むしろそのくらい置いた方がおいしいですね。でも手作りワインの場合は保存料などを加えていませんので、何年も熟成させるということはお薦めしません。いずれにしても長く保存したものは必ず少しだけ味見をしてから飲んだ方が安心ですね。

● 発酵タンクに発酵栓を取り付けていますが、発酵の途中から発酵栓が動かなくなるのですが?
よくいただくご質問ではないですが、重要なのでこちらに記載しました。
発酵栓が動かなくなるのは通常は発酵が完了している合図です。しかしまだ期間が短いのに動かなくなった場合はフタを開けて中の様子を見てください。上面が泡だっているようならまだ発酵しています。それで発酵栓が動かないということでしたら炭酸ガスが漏れていて発酵栓が動かなくなった可能性があります。(続きはこちら

みなさんからのご質問はこちらでご覧下さい

ご質問はお気軽に質問フォームよりお送りください。



お客さまの声

● 小冊子の丁寧な説明で迷うことがありませんでした
(千葉県 N.Kさん)
配送が迅速でたいへんありがたかったです。ちゃんと発酵するか心配でしたが、1週間ほど寝かせてみたところしっかり泡が出てきて感激しました。小冊子に丁寧に作り方の説明があり、迷うこともありませんでした。また、なぜワインができるのか仕組みがきちんと書いてあったので、勉強にもなりました。ありがとうございました。

● きちんとした対応で大変信頼できるショップ
(T.Kさん)
何度か利用させて頂いております.毎回,きちんとした対応をいただき, 大変信頼の置けるショップだと思っております. 今回は,結婚した友人に,ちょっと変わったプレゼントをしたいと思い, 貴社の商品を思いつきました.予算や,相手の好みを考え,今回は, ワインキットにしてみました. おもしろい商品が次々をでてきて,大変楽しみにしております. 今後ともよろしくお願い致します。

お客さまの声



発酵の条件について

安定して発酵させるために液温が18〜26度位 になる所で発酵させましょう。
ただし、あくまでもこれは適温ということで、多少は前後しても問題はありません。

夏場の発酵について夏場、涼しい場所がないという時は、 水を張ったシンクや大きいケースなどの容器に、タンクを大きなポリ袋にくるんでから(念のため水が侵入してこないようにです)浸けておく方法があります。あるいは断熱性の高い箱に冷やした保冷剤を入れ、温度を下げる方法もあります。がんばって1週間から10日、発酵させましょう!

冬場の発酵について発酵に適した温度は18〜26度です。気温ではなく液温です。気温は適温でも液温が低いと発酵が弱くなります。これ以下でもゆっくり発酵はしますができるだけ暖かい場所で発酵させてください。保温できる箱に湯たんぽ、電気アンカなどを入れてあげるとより安定して発酵させることができます。また冬場は気温が低いため説明書には1週間から10日とありますが、実際には3週間以上かかる場合があります。これは問題ありませんし、低温で発酵させるとすっきりしたおいしいワインができます。

「夏場の水冷式熟成システム」(簡易ワインセラー)

クーラー

以前、夏場の発酵システムについてご紹介しましたが、発酵時だけでなく熟成期間中もできるだけ低い温度の場所に保管していただきたいです。ビールやワインはとてもデリケートで暑い所ですと劣化しやすいです。でもそれがなかなか難しいという方にこんな方法をご紹介しますので、参考にしていただけたらと思います。

(1)大きな発泡スチロールを手に入れます(通販でも買えます)。厚みのある方がより安心です。
(2)発泡スチロールの水漏れのことを考慮し、内側に大きなポリ袋を入れます。
(3)ポリ袋の内側に水をある程度入れたら、ビールビンやワインビンを入れます。
(4)さらに全体が水に浸かるまで水を加えます。
(5)温度計を入れて水温を管理します。(なくても良いです)
(6)僕の場合は熱帯魚用のファンを使ってさらに冷やしていますが、2〜3℃くらいは低くなります。
(7)温度が高くなったら、氷や保冷剤を入れて冷やしてやります。
以上の方法で温度を下げてやることで夏場でもビールやワインを守ってあげることができます。

ちなみにアウベルクラフトは土日は会社が休みのため、室内温度が30℃を超えます。でも計測結果では水の最高温度はぜいぜい24〜25℃で安定しています。会社で冷房を入れている時は22〜23℃(ファンはなしで)です。

【 注意事項 】
●厚みが薄い発泡スチロールだと水漏れしやすいので、必ず内側に大きなポリ袋を入れてください。発泡スチロールの代わりに大きめなクーラーボックスでも良いです。
●水は結構重いので、水の出し入れがしやすい、シンクの近くの場所を選んでください。

「夏場の水冷式発酵システム」

水冷式発酵システム

冬に水を使った方法で保温する方法をご紹介しましたが、夏場はその反対の方法が有効ですので、その方法をお教えします。特に猛暑を超えるような気温の場合、ワイン作りは温度管理が大変ですね。参考にしていただけたらと思います。

(1)大きな発泡スチロールを手に入れます(通販でも買えます)。厚みのある方がより安心です。
(2)発泡スチロールの水漏れのことを考慮し、内側に大きなポリ袋を入れます。
(3)ポリ袋の内側に水をある程度入れたら、ポリ袋に包んだ発酵タンクをこの水の中に入れます。(念のためタンクの下にはクッション材を置きました)
(4)さらに8分目くらいになるまで水を加えます。
(5)温度計を入れて水温を管理します。
(6)僕の場合は熱帯魚用のファンを使って冷やしていますが、2〜3℃くらいは低くなります。
(7)温度が高くなったら、氷や保冷剤を入れて冷やしてやります。
以上の方法で温度を下げてやることで夏場でもワイン作りが可能です。

【 注意事項 】
●厚みが薄い発泡スチロールだと水漏れしやすいので、必ず内側に大きなポリ袋を入れてください。発泡スチロールの代わりに大きめなクーラーボックスでも良いです。
●水は結構重いので、水の出し入れがしやすい、シンクの近くの場所を選んでください。

「冬場の安定発酵システム」

発酵ボックス

これはNKさんが熱帯魚のヒーターをタンク内に入れる方法を工夫されたのを聞いたのが始まりです。ヒーターをタンク内に入れるのは密閉させるのが難しいと思いました。そこから他の人でもできそうな方法を考えました。

(1)クーラーボックスに水を入れ、熱帯魚のヒーター(サーモスタットが必要、或いはサーモスタット機能があるもの)を入れます。
(2)発酵タンクはポリ袋の中に入れてこの水の中に入れます。
(3)できたら保温用の銀マットで蓋をしたら良いでしょう。
(4)発酵温度を22〜24℃くらいにします。
これで完了です。結果は本当に良い結果が得られましたので、みなさんにご紹介することにしました。この方法は夏場でも応用可能ですね。
詳しくは「安定化発酵システムを作ってみた」をご覧下さい。

予備発酵 予備発酵の方法
予備発酵は100mlの湯冷まし(35〜38℃)に小さじ1杯約3gの砂糖を入れよく混ぜます。そしてイーストをパラパラを掛けてラップして混ぜずにそのままにしておきます。20〜30分くらいするとこのように膨らんできます。これで予備発酵が完了です。混ぜる方法だと分かりにくくなってしまいますので、このようにした方がわかりやすいです。

どうしたら良い条件になるか工夫をすること、これを考えるのも楽しいですね。みなさんのアイディアなどもぜひ聞かせてください。→ 編集長マーベルへ





お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法
送料送料についての詳細
送料は商品代金が北海道は16,500円以上、東北、関東、信越、北陸、中部、関西、中国、四国、九州は11,000円以上、沖縄は16,500円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。

ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン

団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ

フェイスブックページ
インスタグラム
マーベルブログ
 アウベルクラフト株式会社
 〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
 アウベルクラフトのロゴマーク
お電話での受付:月〜木 10:00〜16:00
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム
当社は現在の所、インターネットでの販売のみです。直接ご来社になっての販売は行っていませんので、どうぞご了承ください。
アウベルクラフトは手作りキットを通じて、みなさんに心あたたまる豊かなライフスタイルをお届けします。
© 1992 Auvelcraft Inc.