アウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 初めての方へ Q_A集 お客さまの声 お問い合せ
 ホーム > 手作りワインキット



楽しくて おいしい 手作りキット
手作りワインキット

仕上げのラインラベル コルクで打栓 発酵 手作りワインコンプリートキット


フェイスブックにシェアする
ツィートする感想を送る


クイック メニュー


手作りワインはナゼおいしいの? マーベル
こんにちは! マーベルです。
ここにお越しいただいたあなたは、きっとワイン好きですよね。そして手作りワインにも興味があることと思います。それではこれから「手作りワイン」の魅力や作り方などを、できるだけわかりやすくお話ししますね〜。

その前に……。

「わたし、ワインが苦手なんです」
という声を時々聞きます。実は、ワインが苦手でほとんど飲めないという人が意外に多いのです。比較的女性に多いかもしれません。ワインを飲むと、頭が痛くなったり、気持ちが悪くなっちゃったりするそうです。実はぼくも以前はそうでした。

ところが、手作りワインを飲むようになってその理由がわかりました。それは市販のワインには「添加物」がいっぱい入っていて、添加物がいっさい入っていない手作りワインとは明らかに何かが違うことがわかったのです。

手作りワインをつくろう!全てのワインがそうだというわけではありませんが、市販で手に入れやすい価格のワインの場合、酸化防止剤、発色剤、甘味料、漂白剤、防腐剤、防かび剤、着色料、香料等が含まれています。さらに表示義務のない添加物もあります。

これらの成分が感受性の強い人にとって、頭が痛くなったり、気分が悪くなってしまうアレルギー源を作っているんですね。

また、最近では「酸化防止剤無添加」と表示されたワインが販売されています。確かに酸化防止剤は入っていないのですが、それ以外の添加物が入っていることは、意外に知られていません。

一方、添加物が一切入っていない手作りワインは、雑味がなくすっきりとしてとても飲みやすいです。ほんとうに感動するくらいのおいしさなんですよ! 

これはぼくの体験ですが、手作りワインを飲むようになると、市販のワインの添加物の雑味が、はっきりわかるようになります。「雑味」ってわかりますか? ワインを一口含むと、まず最初に添加物の違和感が先にきて、舌に刺すように感じてしまうのです。それほどワインの味は繊細なものなのですね。

ワイン作りのルーツを思えばそのことがわかります。欧米ではワイン作りは日本で言うとお味噌作りのようなものでした。自分の畑で葡萄を育て収穫し、自然酵母で発酵させてワインを作り、これを家庭の食卓で飲んでいたわけです。もちろん、添加物などは加えるわけはありません。

ところが、ワイン作りが商品になり、いわゆる工業生産的なものになってしまうと、品質管理が厳しくなったり、価格を安くするために、いろんな添加物を加えるようになったわけです。

ぼくは添加物のことはあまり神経質に考えないほうですが、自分で無添加のワインが作れるなら、少し手間をかけても作る価値があると思いますが、みなさんはどう思われるでしょうか?

手作りワインはとっても健康的!


ワイングラスさらに手作りワインの良いところは健康の面にもあるんです。市販の多くのワインには酵母は入っていません。製造の過程でフィルター濾過され酵母が取り除かれてしまいます。

ところがこのワイン酵母にはビタミンB群や20種類以上のアミノ酸、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているんです。手作りワイン(600〜700ml)の中にはなんと600〜1,000億個体以上の酵母菌が含まれています。すごいでしょう?

凄すぎる数で実感がわかないかもしれませんが、まちがいなく身体によいということです。手作りワインを飲むと胃や腸が丈夫になり、身体に良いと言われているのはこの偉大なる酵母の力なんですね。

昔から欧米で手作りワインが、食前酒として飲まれていたのは、こういう理由からなんです。確かに飲み続けていくと、胃腸の調子がとても良くなり、元気になってくるのが良くわかりますよ。

手作りワインは「安い!」


アレキサンダー濃縮果汁そしてもう一つの魅力は「安い」ということです。例えばアレキサンダーの濃縮果汁を使うと、ワインボトル1本当たりがたったの200〜300円でできてしまうのです。他の手作りキットもそうですが、自分で作ることで安全で安心だということだけではなく、経済的な部分もとても大切なことですよね。

ワインの作り方はとっても簡単!


ワインの発酵作り方は本当に簡単です。濃縮果汁を水で薄めて、ワインイースト(酵母)を加える。そして後は発酵が終わるまでひたすら待つ(観察する)だけなのです。ほんとに簡単でしょう?  
注意することはたった二つだけ。雑菌が入らないようにして消毒もしっかりすること。そして、温度管理です。 発酵に適した温度は18〜26℃です。これから多少はずれても構いません。気温が低いのは時間がかかるだけのことで大丈夫ですし、気温が高い時はいろいろ工夫することができますよ(後で方法をお教えします)。でも慣れてしまえば本当に簡単なことなのです。けっして難しいことではありません。

音楽を聴かせてみたむしろ、発酵しているようすを毎日眺めながら、愛着を持って接してやること。これが大切なんです。なぜかというと酵母は生きているからです。音楽を聞かせるとおいしくなるなんて話も聞いたことがありますよ。ぼくも実際ににやってみました。→ 超小型ワインキットを作ってみた。


手作りワインは生活を豊かに!

コルクの打栓さて、まだまだこれだけではありません。ワイン作りの奥の深さはワインのブレンドをしてみたり、ビン詰めしてからのお化粧をしたりといろいろです。ワインのボトルにはコルク栓が一番、コルク打栓器で1本1本詰める楽しさは格別です。

さらに、口元にはヒートシュリンクフードでお化粧をし、仕上げはラベルを貼ります。オリジナルラベルを作って、ワインの名前をつけてあげ、メッセージを添えたらもう完璧ですね〜。

ワインラベル手作りワインはできあがってすぐ飲むより、じっくり数カ月熟成させることにより、いっそう味と香りがよくなります。これはとても楽しみなことの一つです。

ですから、例えばあなたの大切な人の記念日のために、じっくり時間をかけてワインを作る。こんな楽しみ方もあるんですよ。いいでしょう? そういうの。 さあ、あなたも今すぐワイン作りを始めましょう!

アウベルクラフトは、あなたのワイン作りの疑問や不安にもきちんとサポートしていきますので、安心してワイン作りを楽しんでくださいね。

※ ただし、「ぶどうから作るワイン作り」のノウハウは持っていませんので、お答えすることができません。どうぞご了承ください。



さあワインを作りましょう!


ワインの作り方
手作りワインでお花見を!


BGM付きですのでご不要な方は音量を下げてご覧下さい。
※途中で比重計を使っていますが、これは使わなくても作れます。


コルク打栓器の使い方



コルク打栓器の使い方と注意事項をご説明します。

マーベルの手作りワイン講座
はじめての方必見です!
ワイン作りが初めての方に実際にワインを作っている様子を詳しくお見せします。
→「ワイン作り教室公開中!
安定化発酵システム 安定して発酵させるために
寒い時期、暑い時期にみなさん苦労して温度を上げたり下げたりされていることと思います。そうだ!こういう方法ならいいかも、閃いたのは水を使う方法です。とても効果的でしたのでぜひやってみてくださいね。
→「安定化発酵システムを作ってみた
ラベルを作ろう
あなたの心を贈りましょう
ワイン作りを作ったらぜひオリジナルラベルまで作ってみんなにプレゼントしよう!
→「オリジナルラベルを作ろう!
超小型ワインキット 超小型ワインキットをつくってみた
こんな超小型のワインキットを作ってワイン作りを楽しんでみました。
→「超小型ワインキットをつくってみた
低温発酵ワイン作り 低温発酵ワイン作り
低温でじっくり発酵させる低温発酵ワインはとってもフルーティ。ぜひあなたも冬のワイン作りを楽しみましょう!
→「マーベルの低温発酵ワイン作り
低温発酵ワイン作り
低温発酵ワイン実験
前からやってみたかったことがあります。それは低温でも発酵しやすい白ワイン用のワインイーストPasteur Champangeを使って「低温発酵ワイン」作りをしてみたいとうことです。興味のあるかたはぜひご覧くださいね。
→「低温発酵ワイン実験
カリフォルニアワインキット
カリフォルニアワインの特長
アウベルクラフトのワイン用の濃縮果汁はカリフォルニア産を使用しています。燦々と降り注ぐカリフォルニアの太陽の恵みで育ったワイン用のぶどうは多種多様で、最近特に注目を浴びています。

このワインの特長は、長く熟成させなくても若いうちにおいしく飲めることです。また、グラスに注いでから短時間で香りが良くなります。さらには日本の高温多湿の気候にも適しています。これは飲み頃の温度が他のワインより高いことがあげあれます。この様に日本人の好みにあったワインとして、とても優れているワインです。



ワインキットのご注文
初心者向けから本格的なワインキットまでご用意しています。

お知らせ
4月21日よりクロネコヤマト便の運賃値上げが実施されました。このため、やむを得ず送料体系を変更させていただくことになりました。大変申しわけございませんが、どうぞご理解とご了承をいただきますようお願いいたします。
詳しくは送料のご案内のページをご覧下さい。

1ガロンキット
1ガロンキット
 7,890円
1ガロン(約3.8L)のガラスビンを使って、市販のぶどうジュースからワインを作るキットです。器具はそれぞれ本格的なものです。
1ガロンキットの詳細ページへ
2.5ガロンキット
2.5ガロンキット
 5,040円
市販のぶどうジュースから2.5ガロン(約9.5L)のワインを作るキットです。器具はそれぞれ本格的なものです。
2.5ガロンキットの詳細ページへ
エントリーキット
エントリーキット
 9,230円〜
本格的なワイン用の濃縮果汁を使って2.5ガロン(約9.5L)のワインを作るキットです。器具はそれぞれ本格的なものです。
エントリキットの詳細ページへ
カリフォルニアワインキット
カリフォルニアワインキット
 10,650円〜(新価格)
一番人気!本格的なワイン用の濃縮果汁を使って1ガロン(3.8L)ビンを使ってワインを作るキットです。器具はそれぞれ本格的なものです。
カリフォルニアワインキットの詳細ページへ
コンプリートキット
コンプリートキット
 16,940円〜
本格的なワイン用の濃縮果汁を使って2.5ガロン(約9.5L)のワインを作る本格的なキットです。器具はワインコルク打栓器、コルク、シュリンクフード、ラベルまで付属しています。
コンプリートキットの詳細ページへ


ワイン作り用品
ワインを作るための材料や道具もいろいろご用意しています。

ワイン作り「材料」のページへ
ワイン作り「道具」のページへ


ワインイースト
ワインイースト
一番重要な酵母です。

アレキサンダー濃縮果汁
コンセントレート
ワイン作り用濃縮果汁
カリフォルニア産

エアーロック(発酵栓)
エアーロック
炭酸ガス抜きをします
サイフォン
サイフォン
オリ引き用サイフォン
1ガロン専用
ボトルとタンク
ボトル&タンク
発酵用の容器と
ビン詰め用のボトル
コルクとコルク打栓器
コルク・打栓器
ワインボトル用コルク
コルク栓をする道具
ヒートシールドフード
シュリンクフード
ビンの口をお洒落に
しましょう。
ワインラベル
ワインラベル
ラベルを貼って
仕上げましょう!


ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。 マニアルには1%未満になる作り方が記載されていますので守ってください。

アウベルクラフトのワインキットは濃縮果汁や果汁から作るワイン作りです。葡萄から作るワイン作りのノウハウは持っていませんので、申しわけございませんがこれらについてのお問い合せについては対応しかねます。どうぞご了承ください。

よくいただく質問

● 何を目安にして発酵が終了した事を知るのでしょうか?
発酵が完了したかどうかを確認するには、一番良いのは比重計を用いて計測するのが確実ですが、それを使わなくても目と舌で充分わかります。(続きはこちら

● 瓶詰めしたワインですが保存状況も関係しますがどの程度保存出来るのでしょうか?
あまり長期はお薦めできませんが、半年から1年は問題ないと思います。むしろそのくらい置いた方がおいしいですね。でも手作りワインの場合は保存料などを加えていませんので、何年も熟成させるということはお薦めしません。いずれにしても長く保存したものは必ず少しだけ味見をしてから飲んだ方が安心ですね。

● 発酵タンクに発酵栓を取り付けていますが、発酵の途中から発酵栓が動かなくなるのですが?
よくいただくご質問ではないですが、重要なのでこちらに記載しました。
発酵栓が動かなくなるのは通常は発酵が完了している合図です。しかしまだ期間が短いのに動かなくなった場合はフタを開けて中の様子を見てください。上面が泡だっているようならまだ発酵しています。それで発酵栓が動かないということでしたら炭酸ガスが漏れていて発酵栓が動かなくなった可能性があります。(続きはこちら

みなさんからのご質問はこちらでご覧下さい

ご質問はお気軽に質問フォームよりお送りください。



お客さまの声

● 小冊子の丁寧な説明で迷うことがありませんでした
(千葉県 N.Kさん)
配送が迅速でたいへんありがたかったです。ちゃんと発酵するか心配でしたが、1週間ほど寝かせてみたところしっかり泡が出てきて感激しました。小冊子に丁寧に作り方の説明があり、迷うこともありませんでした。また、なぜワインができるのか仕組みがきちんと書いてあったので、勉強にもなりました。ありがとうございました。

● きちんとした対応で大変信頼できるショップ
(T.Kさん)
何度か利用させて頂いております.毎回,きちんとした対応をいただき, 大変信頼の置けるショップだと思っております. 今回は,結婚した友人に,ちょっと変わったプレゼントをしたいと思い, 貴社の商品を思いつきました.予算や,相手の好みを考え,今回は, ワインキットにしてみました. おもしろい商品が次々をでてきて,大変楽しみにしております. 今後ともよろしくお願い致します。

お客さまの声



発酵の条件について

安定して発酵させるために液温が18〜26度位 になる所で発酵させましょう。
ただし、あくまでもこれは適温ということで、多少は前後しても問題はありません。

夏場の発酵について夏場、涼しい場所がないという時は、 水を張ったシンクや大きいケースなどの容器に、タンクを大きなポリ袋にくるんでから(念のため水が侵入してこないようにです)浸けておく方法があります。あるいは断熱性の高い箱に冷やした保冷剤を入れ、温度を下げる方法もあります。がんばって1週間から10日、発酵させましょう!

冬場の発酵について発酵に適した温度は18〜26度です。気温ではなく液温です。気温は適温でも液温が低いと発酵が弱くなります。これ以下でもゆっくり発酵はしますができるだけ暖かい場所で発酵させてください。保温できる箱に湯たんぽ、電気アンカなどを入れてあげるとより安定して発酵させることができます。また冬場は気温が低いため説明書には1週間から10日とありますが、実際には3週間以上かかる場合があります。これは問題ありませんし、低温で発酵させるとすっきりしたおいしいワインができます。

「夏場の水冷式熟成システム」(簡易ワインセラー)

クーラー

以前、夏場の発酵システムについてご紹介しましたが、発酵時だけでなく熟成期間中もできるだけ低い温度の場所に保管していただきたいです。ビールやワインはとてもデリケートで暑い所ですと劣化しやすいです。でもそれがなかなか難しいという方にこんな方法をご紹介しますので、参考にしていただけたらと思います。

(1)大きな発泡スチロールを手に入れます(通販でも買えます)。厚みのある方がより安心です。
(2)発泡スチロールの水漏れのことを考慮し、内側に大きなポリ袋を入れます。
(3)ポリ袋の内側に水をある程度入れたら、ビールビンやワインビンを入れます。
(4)さらに全体が水に浸かるまで水を加えます。
(5)温度計を入れて水温を管理します。(なくても良いです)
(6)僕の場合は熱帯魚用のファンを使ってさらに冷やしていますが、2〜3℃くらいは低くなります。
(7)温度が高くなったら、氷や保冷剤を入れて冷やしてやります。
以上の方法で温度を下げてやることで夏場でもビールやワインを守ってあげることができます。

ちなみにアウベルクラフトは土日は会社が休みのため、室内温度が30℃を超えます。でも計測結果では水の最高温度はぜいぜい24〜25℃で安定しています。会社で冷房を入れている時は22〜23℃(ファンはなしで)です。

【 注意事項 】
●厚みが薄い発泡スチロールだと水漏れしやすいので、必ず内側に大きなポリ袋を入れてください。発泡スチロールの代わりに大きめなクーラーボックスでも良いです。
●水は結構重いので、水の出し入れがしやすい、シンクの近くの場所を選んでください。

「夏場の水冷式発酵システム」

水冷式発酵システム

冬に水を使った方法で保温する方法をご紹介しましたが、夏場はその反対の方法が有効ですので、その方法をお教えします。特に猛暑を超えるような気温の場合、ワイン作りは温度管理が大変ですね。参考にしていただけたらと思います。

(1)大きな発泡スチロールを手に入れます(通販でも買えます)。厚みのある方がより安心です。
(2)発泡スチロールの水漏れのことを考慮し、内側に大きなポリ袋を入れます。
(3)ポリ袋の内側に水をある程度入れたら、ポリ袋に包んだ発酵タンクをこの水の中に入れます。(念のためタンクの下にはクッション材を置きました)
(4)さらに8分目くらいになるまで水を加えます。
(5)温度計を入れて水温を管理します。
(6)僕の場合は熱帯魚用のファンを使って冷やしていますが、2〜3℃くらいは低くなります。
(7)温度が高くなったら、氷や保冷剤を入れて冷やしてやります。
以上の方法で温度を下げてやることで夏場でもワイン作りが可能です。

【 注意事項 】
●厚みが薄い発泡スチロールだと水漏れしやすいので、必ず内側に大きなポリ袋を入れてください。発泡スチロールの代わりに大きめなクーラーボックスでも良いです。
●水は結構重いので、水の出し入れがしやすい、シンクの近くの場所を選んでください。

「冬場の安定発酵システム」

発酵ボックス

これはNKさんが熱帯魚のヒーターをタンク内に入れる方法を工夫されたのを聞いたのが始まりです。ヒーターをタンク内に入れるのは密閉させるのが難しいと思いました。そこから他の人でもできそうな方法を考えました。

(1)クーラーボックスに水を入れ、熱帯魚のヒーター(サーモスタットが必要、或いはサーモスタット機能があるもの)を入れます。
(2)発酵タンクはポリ袋の中に入れてこの水の中に入れます。
(3)できたら保温用の銀マットで蓋をしたら良いでしょう。
(4)発酵温度を22〜24℃くらいにします。
これで完了です。結果は本当に良い結果が得られましたので、みなさんにご紹介することにしました。この方法は夏場でも応用可能ですね。
詳しくは「安定化発酵システムを作ってみた」をご覧下さい。

予備発酵 予備発酵の方法
予備発酵は100mlの湯冷まし(35〜38℃)に小さじ1杯約3gの砂糖を入れよく混ぜます。そしてイーストをパラパラを掛けてラップして混ぜずにそのままにしておきます。20〜30分くらいするとこのように膨らんできます。これで予備発酵が完了です。混ぜる方法だと分かりにくくなってしまいますので、このようにした方がわかりやすいです。

どうしたら良い条件になるか工夫をすること、これを考えるのも楽しいですね。みなさんのアイディアなどもぜひ聞かせてください。→ 編集長マーベルへ




こんな楽しみ方もあるよ!
アウトドアで手作りワインを楽しもう!
マーベル僕はアウトドアで手作りワインを飲むのがとっても好きです。低山ハイクに出かける時も手作りワインの小瓶をザックの中に忍ばせて、頂上についたら遠くの景色を眺めながら飲みます。ホントにおいしい。最高のぜいたくじゃないかなあ……。

というわけで、ワイン作りのことをいろいろお話ししました。手作りワインにはいろんな魅力があります。ぜひあなたにも手作りワインのある暮らしを、おおいに楽しんでいただきたいと心から願っています。



お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法
送料送料についての詳細
送料は商品代金が本州 四国は6,480円以上、北海道 九州 沖縄 離島は10,800円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい。
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。

ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン

団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ

フェイスブックページ
インスタグラム
マーベルブログ
 アウベルクラフト株式会社
 〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
 アウベルクラフトのロゴマーク
お電話での受付:月〜金 10:00〜17:00
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム
※当社は店舗ではありませんが、直接お越しのお客さまへの販売もおこなっています。ただし、不在の場合や商品在庫がない場合もありますので、必ず事前にお電話の上ご来社ください。
地図
アウベルクラフトは手作りキットを通じて、みなさんに心あたたまる豊かなライフスタイルをお届けします。
© 1992 Auvelcraft Inc.