アウベルクラフト
フリーダイヤル
お買い物案内 商品一覧表 初めての方へ Q_A集 お客さまの声 お問い合せ
 ホーム > 手作りワインキット > 超小型ワインキット

超小型ワインキットをつくってみた

バカバカしいけどやってみたい。

みなさん、こんにちは!マーベルです。
これは何だかわかりますよね。

はい、その通り。 ポカリスエットの一番小さい200mlボトルです。

可愛いよねー。

今回はこれを使ってワイン作りをしてみたいと思います。

通常ワインを作る時は、12リットルのタンクもしくは1ガロンボトル(3.8リットル)で作ります。

でももしかして、もっともっと小さいボトルで作ったとしたら、どこにでも持ち歩けて可愛いじゃないか!!(そんなもん持ち歩いてどこが面白いの?と思われるかもね)

ともかく世界一小さなワインブルワリーみたいなことをやってみたくなりました。

あなたはウェルチ博士という人を知っているか!?

まずはお馴染み「ウェルチ」を使うことにしました。みなさんご存じでしょうか? このウェルチはウェルチ博士が考案したジュースです。昔は搾った果汁は自然発酵してしまうので保存に困っていたようです。

1869年、ニュージャージー州で医師をしていたトーマス・ブラムウェル・ウェルチ博士は、教会で行う聖体拝領に、未発酵のワインを使えないかと考えました。そしてある日、自宅のぶどう園で収穫したコンコード・グレープで「未発酵のワイン」づくりに挑戦します。搾った果汁を密閉した瓶に入れ、瓶ごと沸騰したお湯の中へ殺菌することで発酵を防ぎました(ウェルチのホームページより)

ということで単に湯煎をしただけのことなんですが、当時はこれを未発酵ワインと呼んで、教会で行う聖体拝領に使われるようになったそうです。なるほどー。

というわけで、このウェルチをボトルの6割程度入れます。いっぱいに入れると、発酵の時に吹きこぼれてしまうかもしれないからです。

次に使うのがこのワインイーストです。今回はあえて白ワイン用イーストを使います。白ワイン用のイーストは低温でも発酵するので、寒い時期には安定して発酵する利点があるんですね。もちろん赤ワイン用のイーストがあれば、それを使っていただいて結構ですよ。

ジュースの上からパラパラとこんなふうに振りかけます。どのくらいの量を使うのかはだいだいでいいです。こんな感じです。イーストは糖分を分解して、アルコールと炭酸ガスに分解する働きをします。この素晴らしい働きをする酵母を見つけたのが、あのパスツール博士なんですね。昔の人は偉い。

発酵栓はかかせない

次に使うのがこの「発酵栓(エアーロック)」という道具です。こいつは本当に優れものです。発酵によって糖分が分解して炭酸ガスが発生します。この炭酸ガスを外に出すのだけど、逆に外気は入ってこないという言わば弁のようなものです。

雑菌が入らないように、そして空気と触れて酸化しないようにするためにとても重要な道具なのです。実際どんな動きをするかは後ほどお見せしますね。

はい、こんな風にセットします。ゴム栓によって外気から遮断されました。あとはワインが発酵するのをじっくり観察するだけですよ。僕は発酵しているようすを見るのが大好きなんです。だからいつでもそばに置いておきたいのです。わかりますか?この気持ち!?


身近なペットみたいに感じる

手に持てる超小型のワインキット、「ハンディーワインキット」と僕が名付けました。でもこれは商品化する予定はありませんのであしからず(というかキットにするまでもない)。これから数日かけて発酵が終わるのを待ちますが、今回は最後にちょっとだけ工夫してみることにしますね。

それでは実際に発酵している様子や発酵栓の動きを動画でお見せしましょう。


どうですかー。可愛いでしょう? 生きてるなあ、って感じがするでしょう? ミクロの世界では酵母菌が糖分を食べてアルコールと炭酸ガスに分解する仕事を、コツコツとやり続けているんですよね。可愛いなあ。ケナゲだなあ。

可愛いから音楽も

「ワインの発酵と熟成には音楽を聴かせるといい」と聞きます。ワインどころか日本酒や焼酎、牛乳、果物、味噌、醤油、うどん、納豆、パンなどいろんなメーカーが実際にそういうことをやっています。きっと効果があるんだろうなー。なんて思うかもしれませんが、今のところ科学的な根拠はどうもなさそうです。(;´Д`)

YMO、吉田拓郎、ビートルズ、ハワイアンいろんな曲を聴かせましたが、やっぱりこれでしょう!「モーツァルト」 こうして毎日見守ること5日。ほぼ発酵が終了しかけたところで湯煎をします。

最後の仕上げです

どうして湯煎するのかと言いますと、発酵を止めるためです。イーストは糖分がある限り仕事をし続けるので、最終的には糖分がなくなります。つまり、甘みがないワインになってしまいます。

辛口ワインが好きな人は問題ないですが、少し甘みが残っている方がいいなと思う人は、65〜70℃のお湯の中に30分ほど浸けておきます。こうすることで甘みを少し残したワインができるのです。

最初にウェルチ博士がやった「未発酵ワイン」のお話をしましたが、これと同じことをするわけですね。この状態にしてからウェルチをさらに足して甘みをもう少し増やしてできあがりです! 本当に簡単でしょう?

ラベルを貼ってできあがり!クリスマスの時に飲むことししたので、クリスマス用のラベルを貼りました。実をいうとこのラベルは新聞広告を切り抜いてMarvelと書いて作りました。へへへ。(^^ゞ

どんな味に仕上がっていりのか楽しみですね〜♪ というわけで、たった200mlのワイン作りですが、こんなに小さいってことは、手間や苦労は殆どなくとっても気楽に楽しめるのが良いところです。

今回はウェルチを使いましたが、他のジュースでもできるので、おいしそうなジュースを見つけたら、ジュースとして飲むのはもちろん、ちょっとだけこのハンディーワインキットで、どんなワインができるのかと試してみるということもできますよ。

そんな気楽なワイン作りも楽しいなとやってみて思いました。

できあがったワインは、ほんのり甘くてとってもおいしいですよ。でもたったの200mlなのでそれが返って貴重な気がします。

繰り返し何度でも使える超小型ハンディーワインキット、道具代1,050円とワインイースト420円(10回は作れます)です。本当に楽しいので、みなさんもぜひやってみてくださいね。
なお、この超小型ハンディーワインキットは販売していません。ご了承ください。

ご注意 日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。 必ず1%未満になるように糖度を2%以下にして作ってください。

手作りワインキットのページへもどる


お支払い方法お支払い方法の詳細
支払い方法
送料送料についての詳細
送料は商品代金が北海道は16,200円以上、東北、関東、信越、北陸、中部、関西、中国、四国、九州は10,800円以上、沖縄は16,200円以上になると無料となります。ただし、石窯キット・露天風呂キットなどの大型商品および一部の商品は別途送料をいただいていますのでご了承下さい。
商品のお届け商品のお届けについての詳細
商品のお届けは休業日を除いて通常翌日または翌々日発送の予定です。ただし品切れなどで商品の発送が遅れる場合がありますのでご了承願ください。ご注文後に必ず納期、お支払額などのご返事をさしあげますのでご確認ください。

ご利用案内
ご注文の方法
お支払い方法
送料について
ポイントサービス
価格帯別一覧表
商品カテゴリー
露天風呂キット
囲炉裏キット
石窯キット
スモークキット
豆腐キット
ビールキット
ワインキット
ミードキット
コーヒー焙煎
コーヒー生豆
チーズキット
うどんキット
そばキット
ラーメンキット
心太マシーン
パン焼きマシーン
鯛焼きマシーン

団子マシーン
納豆キット
湯葉キット
ブックバンド
トートバッグ

フェイスブックページ
インスタグラム
マーベルブログ
 アウベルクラフト株式会社
 〒444-0012 愛知県岡崎市栄町4-87
 アウベルクラフトのロゴマーク
お電話での受付:月〜金 10:00〜17:00
TEL:0564-24-1212
FAX:0564-24-1216
お問い合せフォーム
※当社は店舗ではありませんが、直接お越しのお客さまへの販売もおこなっています。ただし、不在の場合や商品在庫がない場合もありますので、必ず事前にお電話の上ご来社ください。
地図
アウベルクラフトは手作りキットを通じて、みなさんに心あたたまる豊かなライフスタイルをお届けします。
© 1992 Auvelcraft Inc.